屋外の蛇口から水が吹き出している!屋外配管が割れている!排水口からの水が漏れている!配管に亀裂が入っている!水栓柱の蛇口が取れてしまった!

そのような緊急の対応から、屋外の手洗い場の水漏れやつまり、凍結等、気になっていた屋外のトラブルにプライム設備はお応えします。
お見積り、ご相談は無料です。
屋外の水漏れ、つまり、異臭等でお困りの際はお気軽にプライム設備へご連絡ください。

 

水漏れの場合

  • 蛇口劣化の水漏れ
  • 水栓柱下の水道管の劣化
  • 散水栓から水が溢れる
  • 凍結による水道管の破裂
  • 排水パイプの水漏れ

 

つまりの場合

  • 水栓柱での泥の洗い流しによるつまり
  • 屋外手洗い場のつまり
  • 落ち葉によるつまり
  • 排水溝のつまり

水漏れ修理の前にぜひお読みください

トイレの詰まり、洗面台やキッチンからの水漏れなど、突然の水トラブルを経験したことがある方はいらっしゃるでしょうか。溢れ出て止まらない水道料金は、決して安いものではありませんので、心配したことがある方は多いと思います。
水漏れ修理業者に急いで依頼することが大切ですが、業者が到着する前に止水栓を操作すれば、水を止める応急処置を行える場合があります。

こちらでは、いざという時に迷わず操作できるよう、止水栓の種類や位置について紹介いたします。

止水栓の種類

多くの止水栓は、レバー形や蛇口型になっています。この2つの形状の場合は、時計回りに捻るだけで簡単に水を止めることができます。ただ、中にはマイナスドライバーが必要な止水栓や逆時計回りに捻る止水栓もあります。
トラブルが起きた時に慌てず対処するためには、事前にチェックしておくことが大切です

止水栓の位置

基本的に、トイレやキッチンなど水道がある場所の近くにあります。トイレの場合は後ろの壁沿いにあることが多くなっており、キッチンはシンクの下にある収納場所に、設置されていることが多くなっています。もし見当たらない場合は、水道管を辿れば見つけることができると思います。

家全体の止水栓

止水栓が硬くて回すことができなかったり、どうしても見つけられなかったりした場合は、家全体の止水栓を止めるようにしてください。錆び付いて固まっている止水栓を無理矢理回してしまうと、破損する危険性がありますので注意が必要です。


住宅の止水栓は基本的に水道メーターとセットになっています。マンションの場合は、電気やガスメーターと同じボックスに入っていることが多く、一戸建ての場合は地面に黒い鉄製の蓋が敷地内に設置されています。日常的なトラブルだけでなく、災害時にも知っておくことで早めに対処できますので、こちらも事前にチェックしておくことをおすすめします!

突然のトラブルでパニックになってしまう方もいらっしゃると思いますので、こうした事前確認がとても大切です。ただ、中途半端な知識で水漏れ修理をしてしまうと、トラブルを広げてしまう危険性がありますので、あくまで応急処置に留めておくことようにしてください。


神奈川県横浜市や横須賀市で、水漏れ修理業者をお探しでしたら、是非当社にご連絡ください。水漏れ修理だけでなく、水回りのリフォームも行っています。

★最新blog★

全リ協の会員になりました! (金, 12 7月 2019)
>> 続きを読む

新年号! (Mon, 01 Apr 2019)
>> 続きを読む


バイオエタノール暖炉 ecosmar+fire


取り扱いメーカー



水道業者の中には、依頼した以外の作業を行い、高額な請求をする、部品交換で修理できる内容であるにもかかわらず、「古いから部品がない」等の不実のことを告げ、トイレタンク等本体の交換を勧誘する、などの悪質な水道修理業者が増えています。私たちは業界の健全化を目指し、そういった悪徳水道業者の排除に努めて参ります。